経営に関わる方必見!
創業融資を受けない!
なんて選択肢は、
ありません。

完全成果報酬型創業融資サポートサービス
公認会計士資格保有のプロフェッショナルが全て対応!

自信があるから、完全成功報酬

以下のような施策を通じて、最高品質のサービス提供ができる
KIKだからこそ、審査通過率90%を維持しています。
だから完全成功報酬だけでOKです。
万が一、融資審査にパスできなければ、
1円も支払う必要はありません。

完璧な審査書類の作成

例えば事業計画書は、その計画の実行可能性を説明する情報、資料、エビデンスが揃ってはじめて「事業契約書」となります。銀行への提出書類にフォーマットはありません。KIKでは、銀行が必要とするものを完璧にまとめて準備します。

公認会計士が全て対応

徹底した事業レビュー、完璧な書類審査の作成には、事業の内容の深い理解、合理的な収支計画の作成、膨大な資料の準備が必要です。そこでKIKは、これら全てに対応できる適任者は公認会計士しかいないと考え、お客様の事業レビュー、審査書類の作成は全て公認会計士が対応します。

徹底した事業レビュー

最初にお客様の事業内容を徹底的に理解します。その上で単なる融資通過のための計画ではなく、本質的な事業成功のキーファクターを提供します。

私達があなたの創業融資をお手伝い致します

①創業融資額の引き上げかた②提出書類の作成③公庫とのやり取り④融資の面談 融資に必要な作業を完全サポート致します!

KIKには、「審査通過率90%」「平均融資金額1000万以上の引き上げかた」のノウハウがあります!!しかも、報酬は借入額の2%しか頂きません!さらに500万円以下の場合は手数料無料!

Q.もし、融資に失敗したら? A.完全報酬型ですので失敗したら1円も請求しません(※諸条件あり)

2017/10/01

イベント企画・運営代行事業様 事業計画書作成に着手いたしました。

2017/9/28

医療関連コンサルティング業様 事業計画書作成に着手いたしました。

2017/9/28

建設業様 事業計画作成に着手いたしました。

2017/9/15

中小企業コンサルティング業様 事業計画書作成に着手いたしました。

2017/9/11

建設業様 設備資金450万 運転資金1200万 合計1660万 融資決定!

2017/9/10

IT業様 事業計画書作成に着手いたしました。

2017/8/21

建設業様 運転資金のみ1200万 融資決定!

2017/8/02

不動産賃貸業様 設備資金250万 運転資金600万 合計850万 融資決定!

まずはご気軽にご相談ください。
なんでもお答えいたしますので、簡単なことから難しいことまで全て解決!

必須氏名
必須メールアドレス
必須電話番号

ハイフン(-)なしの半角数字でご入力ください

必須ご住所
必須ご本人様確認
※ご本人様以外からのお問い合わせは受付しておりません

下記項目の入力は必須でございませんので、入力頂かなくともご相談は可能です。
予め入力頂きますと、その後のご相談がスムーズに進むかと思います。

任意事業内容はなんですか?
任意個人・法人どちらですか?
任意現状の与信に不安がありますか?
任意開業・設立はいつごろですか?


任意融資希望額はいくらですか?
任意ご相談内容

なぜ1,000万円以上もの融資獲得ができるのでしょうか?

1,000万円以上の融資獲得ができる」のではなく、事業計画をお客様とともに作っていくと明らかになるのですが「この事業計画を遂行するには必然的に1,000万円以上が必要である」ということを、まずはストレートに金融機関に伝えることが大事なのです。 では、このようなストレートな事業計画を作りさえすれば誰でも1,000万円以上の融資がおりるのかと言えば、それはもちろん不可能です。 ただその可能性を限りなく高くすることができるのが、私共KIKのナレッジとノウハウだと認識しております。

会社設立直後ですが、本当に借りれるのですか?

問題なく借りれます。むしろ会社設立直後の方が、借りやすいのです。意外かと思うかもしれませんが、決算というのは会社の経営成績そのものですから、例えば2回決算をやって2年連続大きな赤字を計上してしまうと、銀行はその経営者を「経営能力に乏しい」と判断します。 このように決算書で判断される前に借りてしまうのが最もよい方法なのです

自己資金は必要なのでしょうか?

必要ですがケースバイケースですので、何とも言えません。ただし、少なくとも融資申込額の1/10の自己資金は準備しましょう。 なお、間違えている方が非常に多いのですが、法人設立2期目(決算を1回やった後)からは自己資金の要件はなくなります。

事業計画書は自分で用意する必要があるのですか?

必要ありません。KIKが抱える創業期の融資支援の経験豊富な公認会計士が、綿密なヒアリングを行い、事業計画書をゼロベースで作成します。 お客様はヒアリングに答えて頂くだけで問題ありません。

不動産などの担保は必要でしょうか?

一切不要です。もちろん担保があればさらに大きく借りることも可能ですし、無担保の場合なら審査に通らない方も、 担保があれば融資を受けられることがあります。

創業期の融資では、保証人は必要でしょうか?

まず親、配偶者など「第三者による保証」は一切不要です。 代表者(代表取締役であるあなた)の保証についても、個人事業主の時期を含めて創業後2期以内であれば不要です。

税金を納めていないのですが、大丈夫でしょうか?

税金を納めていないケースは、払う必要がないので納税していない、払う必要があるのに納税していない(いわゆる滞納)、の2つに分けられます。 前者の場合は問題ありませんが、後者の場合(滞納の場合)は融資申請ができません。 しかしこれもケースバイケースでして、滞納していても納税すれば全く問題なく融資申請できます。

個人事業主で確定申告をしていないのですが、大丈夫でしょうか?

Aさすがに個人事業主で確定申告をしていないと融資申請はできません。 ただ勘違いしていただきたくないのは、税金の滞納と同じですが、過去にさかのぼって確定申告し納税すれば、全く問題なく融資申請ができます。

決算が赤字でした。これでも融資はおりますか?

赤字の回数によると考えられます。 例えば創業1期目の初回の決算が赤字であっても、まず問題無いと思いますが、創業後3年経過し毎年赤字のようですと厳しくなってきます。

返済期間はどれくらいでしょうか?

運転資金は7年返済、設備資金は10年返済が最長ですので、これらの返済期間を設定する方が多いです。 もちろんこれよりも短い期間を設定することもできます。

法人で融資を考えていますが、共同創業者の信用情報がいわゆる「ブラック」です。これでも融資は可能でしょうか?

共同創業者が「取締役」の場合は問題ありません。 ただし共同創業者が「代表取締役」の場合は苦戦する可能性が高くなりますが、金融機関によります。

遠方でも対応してくれますか?

お越しいただければご対応します。

法人設立してから創業融資を考えています。創業前、すなわち法人設立前でも融資申請は可能ですか?

法人で融資申込をお考えの場合、まずは法人設立が必須となります。 これは、日本政策金融公庫、信用保証協会の制度融資、いずれも共通です

事業計画は誰が作成しますか?

KIKが指定する公認会計士が作成します。 公認会計士の中でも、創業期の資金調達支援の経験、知識が豊富な公認会計士に限定しております。

事業計画を作成してから、融資実行までどのくらいかかるのか?

2か月程度見て頂ければ問題ありません。

金利はどのくらい?

1%~2%です。

本サービスの費用はどれくらいでしょうか?

完全成果報酬 で 融資実行額の2~5%が報酬費用になります。 着手金は一切なく、費用も融資着金後のお支払いとなります。

日本金融公庫とはどのような関係なのでしょうか?

日本政策金融公庫とは関係なく、本サービスはあくまで日本政策金融公庫を含む金融機関からの融資をうけやすくするためのコンサルティングサービスです。 (日本金融公庫のHPはこちら。融資に関する情報はこちらからご確認ください。