昨今、資金調達には多種多様な手法が出てきています。それぞれで特徴が全く異なるため、どの手法が最適なのか迷う方も少なくないでしょう。手続等で着金までには時間がかかる上に、株式による資金調達など一度始めると後から取り返しのつかない手法もあるため、知識もなしに安易に始めるのは得策ではありません。
各手法ごとの特徴を比較検討し、しっかりと理解した上でどの手法を使うかを決めることをオススメします。

資金調達の手法ごとの違いは以下のようなものが挙げられます。

  • 調達できる金額
  • かかる時間
  • 実行に対する手数料(一部の手法のみ)
  • 金利および代表者保証の有無(デットファイナンスのみ)
  • 実行の条件(会社の資産やスキルに準ずる)
  • 経営方針へのリスク(株主による反対など)

本記事では、各手法の特徴やメリット・デメリットについて解説します。自社に合った資金調達手法を比較検討した上で慎重に選びましょう。

資金調達の手法には大きく3種類ある

資金調達の手法には大きく「デットファイナンス(負債による調達)」「エクイティファイナンス(資本による調達)」「アセットファイナンス(資産による調達)」の3種類があります。それぞれの特徴を解説します。

デットファイナンス(負債による調達)

デットファイナンスは「返済義務のある借入」です。将来、借りた金額に金利を上乗せして返済する必要があります。貸し手に経営に関与されず、資金使途の自由度が高いことがメリットですが、デメリットとして負債を追うことになります。また、代表者保証を付ける場合には会社が倒産しても個人に返済義務があります。
また、返済ができずに回収不能となった場合には、再度事業を始めた場合にも借りることができません。

エクイティファイナンス(資本による調達)

エクイティファイナンスは「株式の代わりに受け取る出資」です。株式が必要となるため、株式会社のみが選択できる手法です。投資家は将来、株式の価値が高まることを期待して必要な資金を提供します。デットファイナンスとは異なり、資金の返済義務がないことや将来の期待値が高ければ実績がなくても借りられることがメリットです。
一方で、悪意を持った投資家が参入して経営に対して口出しをされるという大きなデメリットがあります。また、投資家は将来の大きな金銭的なリターンを期待して投資をするため、急成長しにくいスモールビジネスにはやや不向きです。

アセットファイナンス(資産による調達)

アセットファイナンスは「自社の資産を資金に変換する」手法です。負債を持たず、経営権も渡さないため最も自由度が高い資金を得られることが特徴です。しかし、何かしらの資産がないと実施ができないというデメリットがあります。

資金調達の手法はどのような観点で選ぶのが良いのか?

資金調達の手法は30種類以上あるため、基準を持っていないと選び方に迷ってしまいます。自社の状況に照らし合わせて、どのような条件で絞り込むかを予め決めてから手法選びに入るのが良いでしょう。具体的な絞り方は以下の項目を参考にしてください。

調達したい金額

手法によっては数万円~数十億円と幅広い金額を調達することが可能です。金額を大きく調達できるほど、事業の安定度合いと自由度が上がるため、なるべく多くの額を調達することが好ましいです。しかし、その分時間がかかったり、経営方針に影響を及ぼしたりと何かしらのデメリットを抱えることになります。リスクと比較検討しつつも、調達額をなるべく増やせるような手法を取りましょう。

着金までにかかる時間

時間に関しても、申し込みから着金まで数日~数年と幅広く変動します。特に、近い将来大きな出費がある会社にとっては早く着金したいところでしょう。しかし、緊急性が高いほど手数料が上がったり、金利が上がったりとコストも上がる傾向にあります。そのため損をしないためにも余裕を持って資金調達を検討しましょう。

実行に対する手数料(一部の手法のみ)

資金調達をどこかの会社に依頼する場合には、実行に対して手数料がかかることがあります。同じ手法をとっても、サービスを提供する会社によって内容が違ったり、手数料が違うケースも少なくありません。手法を決めたら、具体的な会社をピックアップして比較検討しましょう。

金利および代表者保証の有無(デットファイナンスの場合)

返済義務があるデットファイナンスに関しては、金利は非常に重要なポイントです。金利が高いと、将来的に多額の返済に追われることになります。一般的には、借入前の審査が甘いほど金利が高くなる傾向にあります。一方で、銀行の融資などは審査が厳しい分、金利は低めに設定されています。また、返済に関して代表者保証が付く場合には、法人名義で借りていても万が一倒産した際には代表者個人が返済義務を負います。代表者保証を付けると金利が下がる傾向にありますが、きちんと返済できるか計算した上で決めましょう。

経営に関与される度合い(エクイティファイナンスの場合)

株式を渡す代わりに資金調達を行うエクイティファイナンスは、比較的大きな金額を調達できる傾向にありますが、額が大きくなるほど渡す株式の割合も大きくなるため、経営に深く関与されるというデメリットがあります。経営に対して良いアドバイスを提供してくれるような投資家であればメリットになりますが、会社を乗っ取ろうとするなど悪意を持った投資家に株式を渡すことは避けなくてはいけません。本人が売却や譲渡の意思を持たない限りは、株式は他の人の手に渡りません。後戻りができないため慎重に進めましょう。

実行の条件

どれだけ自社にとって魅力的な手法であっても実行できなければ意味がありません。例えば、事業の開始から収益化まで時間がかかるスタートアップビジネスは、比較的短期での返済が求められるデットファイナンスの手法にはあまり向いていません。会社の事業内容や資産状況、ノウハウの有無によっては実行できないケースもあるため、会社の状況と照らし合わせて検討しましょう。

資金調達手法一覧

それでは個々の手法について詳しく解説します。

デットファイナンス

日本政策金融公庫による融資

国が運営する日本政策金融公庫から融資を受ける方法です。実績の創業前から融資を受けることが可能で、低金利(2%台)・無保証・無保証など好条件がそろっています。
この融資が行われている目的としては、創業期の企業を発展させることで日本経済を活発化させることです。そのため、民間銀行の融資と比べると借入や返済のハードルは低く設定されています。とはいえ、金融機関であることには変わりなく、審査を通過するにはコツが必要で経験がないと難しいのが実情です。

受け取れる金額

上限2000万まで(国民生活事業かつ認定支援機関経由の場合)

着金までの期間

約1ヶ月

金利

2%前後

実行の条件

経営者の信用情報(CIC)に問題がないこと

メリット
  • 無担保/無保証で借りることができる
  • 創業前の実績がない状態でも受けられる
  • 金利が2%台と非常に低い
  • 業種や事業内容に制限がない
デメリット
  • 計画書の作成など手続きに手間がかかる

民間銀行による融資(プロパー融資・保証協会)

民間銀行から融資を受ける方法です。いわゆるメガバンクや信用金庫、地方銀行など様々な金融機関から借入をすることができます。銀行の融資には「プロパー融資」と「保証協会による融資」の2つがあります。前者は各銀行が貸出をして、各銀行が回収や倒産時の負担まで行うためリスクを背負うことになります。一方で、後者は各銀行が貸出を行いますが、回収及び倒産時の負担は保証協会が行います。銀行から見れば後者の方が貸倒リスクがないため、審査は比較的緩くなります。

受け取れる金額

数百万~数億円(企業の規模による)

着金までの期間

約1ヶ月~2ヶ月

金利

2%~5%

実行の条件

経営者の信用情報(CIC)に問題がないこと

メリット
  • 無担保で借りることができる
  • 創業前の実績がない状態でも受けられる
  • 金利が2%台と非常に低い
  • 業種や事業内容に制限がない
デメリット
  • 計画書の作成など手続きに手間がかかる

親戚や知人からの借入

資金調達としては一番最初に思いつく方法かもしれません。場合によっては借入ではなく自己資金となる可能性もありますが、返済できないと大切な人との関係を壊してしまうことになりかねません。誰でも挑戦できる方法ではありますが、将来のことを考えると一番気を付けてやる必要がある方法でしょう。

受け取れる金額

数万円~数億円(貸手次第)

着金までの期間

数日~数か月(貸手次第)

実行の条件

貸手との信頼関係ができている必要

メリット
  • 場合によっては借入ではなく自己資金になる
  • 借りられる額に上限がない
デメリット
  • 返済に失敗すると信頼を失う可能性がある
  • 関係が良好ではないと借りることができない

社債の発行

社債を発行することで資金を調達する方法です。大きく3つの方法があります。社債を購入した人から一定期間の間資金を借りることができますが、償還期間が過ぎると一度に返済する必要があります。償還期間前は金利のみ支払うことになります。手続きの方法は金融商品販売法によって定められており、証券会社経由で行うことになります。

  • 公募債
  • 不特定多数に出資を募る方法です。

  • 私募債
  • 会社によって定められた条件を満たす投資家から出資を募る方法です。

  • 少人数私募債
  • 募集対象となる投資家の数を50人未満に絞った上で出資を募る方法です。この方法では例外的に証券会社経由で手続きを行う必要がありません。実行には以下の条件を満たす必要があります。

    • 法人であること
    • 対象者が50名未満であること
    • 社債総額÷1口あたりの金額が50未満である
    • 社債の譲渡を制限していること
受け取れる金額

数十万~数億円(募集人数が多くなるほど大きくなる)

着金までの期間

約1ヶ月~

実行の条件

証券会社が定める財務状況に関する条件を満たす必要がある

メリット
  • エクイティファイナンスとは異なり、経営に関与されない
  • 直接金融であるため償還条件が柔軟に設定できる
デメリット
  • 金融機関よる財務状況の審査を通過しないと発行できない(※少人数私募債は除く)
  • 発行や発行後の管理に工数がかかる
  • 償還期間が過ぎると資金を返済する必要がある

約束手形

約束手形とは、支払いをする人(振出人)が受取る人に対して、所定の期日までに一定金額の支払いを行うことを約束する証書です。この手形を発行するのは大手企業に多い傾向にあります。手形は売掛金と比べると支払いまでの期間が長く設定されていますが、銀行に売却することで短期で調達することが可能です(手形割引)。また、手形が不渡り(振出した企業の倒産)になった場合には、優先的に買い戻す義務があります。そのため時間はかかりますが、ほぼ確実に受け取ることができます。ただし、早期で受け取る場合には一定の手数料が引かれることになるため注意が必要です。

受け取れる金額

数万円~数億円(取引内容次第)

着金までの期間

1ヶ月~4ヶ月

手数料

数百円もしくは数%

受け取れる金額

約束手形が手元にある場合

メリット
  • 振出した企業の倒産リスクへ対策が可能
  • 銀行に売却することで回収できるので、売掛金よりも短期で受け取れる場合もある
デメリット
  • 着金までがやや長い
  • 手形割引の場合には手数料がかかる

ビジネスローン

ビジネスローンとは事業用の資金専門の借入を指します。金融機関とノンバンクが提供しています。比較的審査が甘いため、多くの人が通る可能性があります。しかし、金利が高いため計画的に借入をしないと返済に追われてしまう可能性や、他のデットファイナンスを行う際に「既に借入がある」とみなされて通りにくくなるデメリットがあります。困った際に頼りやすいですが、長期的には財務状況が悪くなりかねないため安易に借りるのは好ましくありません。

受け取れる金額

数十万~数百万

着金までの期間

1日~1週間

金利

銀行ビジネスローン:3%~14%/年

ノンバンクビジネスローン:6%~18%/年

※返済能力や返済実績に準じて変動する

受け取れる金額

個人事業主もしくは法人であれば可能

メリット
  • 審査が通りやすく、審査期間も短い
デメリット
  • 金利が高く、返済が困難になる可能性がある
  • 他のデットファイナンスを使う場合に借りにくくなる

カードローン

カードローンは事業者以外でも使える借入です。金融機関とノンバンクが提供しています。性質としてはビジネスローンに似ていますが、こちらはやや金利が高いです。

受け取れる金額

数十万~数百万

着金までの期間

1日~1週間

金利

金融機関消費者金融:3%~15%/年

ノンバンク消費者金融:3%~18%/年

※返済能力や返済実績に準じて変動する

受け取れる金額

誰でも申し込める

メリット
  • 審査が通りやすく、審査期間も短い
デメリット
  • 金利が高く、返済が困難になる可能性がある
  • 他のデットファイナンスを使う場合に借りにくくなる

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードに付帯しているキャッシングから資金を借りる方法です。カードの作成時に同時に審査が行われ、審査が通れば自由に借入をすることができます。審査に通れば着金までの時間が短いですが、金利はデットファイナンスの中でも特に高く設定されています。

受け取れる金額

数十万~数百万

着金までの期間

1日~1週間

手数料

15~18%

受け取れる金額

クレジットカードを保有しており、キャッシングを申し込んでいる場合

メリット
  • 着金までの時間が短い
デメリット
  • 金利が高く、返済が困難になる可能性がある
  • 他のデットファイナンスを使う場合に借りにくくなる

社内預金制度

社内で預金制度を作ることで社員から調達する手法です。利息を設けることで資金を社員から集め、会社の資金として運用します。社員から見れば銀行よりも高い金利で預入が可能になります。福利厚生の一環となるため、社員のモチベーションアップや定着が期待できます。しかし、資金の運用を誤ると、資金を社員に返せないことになりかねません。資金繰りが苦しくなるだけでなく、社員からの信頼を失ってしまいます。安易に実施するのは好ましくないでしょう。

受け取れる金額

数万~数千万円(会社の規模による)

着金までの期間

数日~数か月

手数料

数%(会社の設定次第)

受け取れる金額

集めた資金をきちんと運用できる場合

メリット
  • 資金調達だけでなく社員のモチベーションアップや定着が図れる
デメリット
  • 大きな金額の調達は期待できない
  • 運用に失敗すると社員からの信頼を失ってしまう

流動資産担保融資(ABL)

流動資産担保融資はその名の通り、流動資産(在庫や債権、売掛金など)を担保にした融資です。動産譲渡登記を行い、自社の資産であることを証明した上で融資を申請します。借入可能額が大きく、すぐに売却できない資産を活用して融資が受けられるというメリットがあります。

受け取れる金額

上限は2億5000万まで(他の信用保証協会の融資枠とは別枠になる)

着金までの期間

約1~2ヶ月

受け取れる金額

価値がある資産を持っている必要

メリット
  • 借入可能額が大きい(他の融資を上限まで受けていても別枠で融資可能)
  • 現金化が難しい資産でも活用できる
デメリット
  • 会社にとって重要な資産が担保になるため、返せないと重要な資産を失う
  • 資産価値が小さすぎると担保とすることができない

エクイティファイナンス

ベンチャーキャピタル(VC/CVC)による出資

ベンチャー企業に対して出資することで、将来的に株式で大きなリターンを得ることを目的とした投資ファンドです。独立した機関である「VC(ベンチャーキャピタル)」と事業会社が運営している「CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)」の2種類があります。またVCによって、出資金額の上限や会社の成長フェーズ、事業の分野など投資方針が異なるため、自社がターゲット外だと出資を受けることはできません。必ず確認しましょう。

受け取れる金額

数百万~数億円(VCの方針による)

着金までの期間

1ヶ月~1年(投資ラウンドが後になるほど長くなる傾向がある)

受け取れる金額

急成長する可能性があるスタートアップが出資を受けられる

メリット
  • 数百万~数億単位のまとまった資金を調達することができる
  • 出資だけでなく、経営に関してアドバイスを受けることができる
  • CVCの場合には、出資だけでなく業務提携を結ぶことも可能
デメリット
  • 株式上場(IPO)や株式譲渡(M&A)などを目標としていないと出資を受けにくい
  • 株式買取条項など、事業会社側にとって不利になる契約を結ぶこともある

エンジェル投資家による出資

実績がない起業家に対して、まとまった金額を提供する個人投資家です。VCと比べると出資金額は少なくなりますが、個人の裁量によって決定するため自由度が高く、スピード感があることが特徴です。中には事業のプロトタイプがなくてもアイデアだけで出資してくれる投資家もいます。多くの場合、株式上場(IPO)や株式譲渡(M&A)を経験し、多額の個人資産を持っている人が投資家となります。

受け取れる金額

数百万円

着金までの期間

1ヶ月~3ヶ月

受け取れる金額

急成長する可能性があるスタートアップが出資を受けられる

メリット
  • VCよりも比較的早い段階で出資をしてくれる
  • 実績や事業のプロトタイプがなくてもアイデアに出資してくれる場合がある
デメリット
  • VCよりも出資額は小さい(数百万円程度)
  • よい投資家を見つけるのは難しい

▷参考URL:エンジェル投資家とは?出会い方と上手な付き合い方を解説

株式上場(IPO)

株式を公開することで資金調達を行う手法です。多くの投資家に出資を公募するため、多額の調達が期待できます。しかし、上場には各証券取引所が定める基準を満たす必要があるため、実現できるのはごく一部の企業になります。なお、新規株式を発行しない直接上場(ダイレクトリスティング)の場合には、資金調達を行うことができないので注意が必要です。

受け取れる金額

数百万~数兆円(株価に依存するため上限はない)

着金までの期間

数か月~数年(上場までの手続きを含めると長い時間を要する)

受け取れる金額

各証券取引所が定める条件を通過できる企業のみ

メリット
  • 一度に多額の資金を調達することができる
  • 社会的信用を得ることができる
デメリット
  • 上場の条件が厳しく、ごく一部の企業しか実現できない
  • 株式が公開状態となるため、株主が変動し続けることになる

株式や事業譲渡(M&A)

株式や事業を譲渡(売却)することで資金を得る手法です。昨今では、事業承継や短期で会社を成長させる手段として注目されています。売手側から見れば株式や事業の対価として金銭を受け取るため、一種の資金調達と捉えることもできます。

受け取れる金額

数万百円~数億円(売り手・買い手の交渉により決定する)

着金までの期間

数か月~数年

受け取れる金額

売却できる株式や事業を持っており、買い手を見つける必要がある

メリット
  • 一度に多額の資金を得ることができる
  • 得た資金を別の事業に充てることも可能
デメリット
  • 買い手を見つけるのに時間がかかる
  • 買い手を見つけても交渉に時間と手間がかかる

アセットファイナンス

資産や在庫の売却

自社が所有している資産や在庫を売却する方法です。代表的なものとして挙げられるのは「不動産」「ゴルフクラブの会員券」「有価証券」などが挙げられます。資金繰りに困った際には早い段階で思い浮かぶ方法かもしれません。シンプルかつ比較的迅速な方法として有効でしょう。

受け取れる金額

数万円~数千万円(資産の価値による)

着金までの期間

数日~数か月(資産の売却方法に準ずる)

受け取れる金額

何かの資産や在庫を持っている必要

メリット
  • 手続きが比較的簡単で、誰でも思い浮かびやすい
  • 短期間で、まとまったお金を得ることができる
デメリット
  • 資産がないと実行できない
  • 売却のタイミングによっては購入時よりも損する可能性がある

貸付金や債権の回収

誰かに貸している金銭や売掛金を回収する方法です。将来的に受け取る予定だった金銭を早めに受け取ることができることがメリットです。しかし、多くの場合契約等を結ん期限を設定しているため、回収を早めることは難しいと考えられます。

受け取れる金額

数千円~数億円(貸付金・債権の金額による)

着金までの期間

数日~数か月(借手や取引先との契約・交渉による)

受け取れる金額

貸付金や債権がある必要

メリット
  • うまくいけば、将来的に受け取る予定だった金銭を早めに受け取ることができる
デメリット
  • 契約の内容によっては回収が難しい

ファクタリング

手数料を支払うことで、売掛金の債権を買い取ってもらう手法です。回収が難しい売掛金でも確実に資金にすることができますが、高い手数料を払う必要があります。
「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があり、交渉方法と手数料が異なります。2社間では納入企業とファクタリング会社のみで完結しますが、手数料が高くなります。一方で、3社間ファクタリングでは支払いをする企業とも交渉します。手数料は安くなりますが、支払企業からすると納入企業の財務状況に不信感を持たざるを得ません。最悪の場合、取引の解消にもなりかねないため、長期的には損する可能性もあります。

受け取れる金額

数千円~数億円(売掛金から一定の手数料を引いた額)

着金までの期間

数週間~約1ヶ月

手数料

2社間ファクタリングの場合:10~30%

3社間ファクタリングの場合:1~5%

受け取れる金額

売掛金の債権がある必要

メリット
  • 売掛金を短期で確実に回収できる
デメリット
  • 手数料が高い
  • (3社間ファクタリングの場合)取引先からの信頼を失う懸念がある

保険金の請求

火災保険・地震保険に加入している場合には、保証金の請求を行うことでまとまった資金を受け取ることができる可能性があります。保険会社が定めている条件を満たすと、保険金の給付の対象となります。受け取るには、保険会社に連絡し専門家に状況を見てもらう必要があります。

受け取れる金額

数十万~数百万

着金までの期間

数週間~1ヶ月

受け取れる金額

保険に加入している企業

メリット
  • 短期間でまとまった資金を得ることができる
デメリット
  • 何度も利用するのは難しい

その他

上記の3ついずれにも当てはまらない資金調達手法です。返済義務のない給付などが当てはまります。

クラウドファンディング(株式型・融資型etc)

インターネットを通して不特定多数の個人や組織、企業から資金を募る手法です。資金を集める代わりに、多種多様な形でリターンを設定することができます。自社の商品などを設定するケースが多く見受けられましたが、近年では「寄付型」「融資型」「株式型」なども登場しています。そのため、調達する側から見ればデット・エクイティ・アセットのいずれとも捉えることが可能です。

受け取れる金額

数万~数千万(設定した目標金額による)

着金までの期間

数週間~1ヶ月程度(自分で設定可能)

受け取れる金額

自社や自社製品のPRに自信がある場合

メリット
  • 資金調達と並行してテストマーケティングやファン作りができる
  • 資金のリターンを自由に設定できる
デメリット
  • プロジェクトが実行されない可能性がある
  • プロジェクトの取り下げができない

▷参考URL:クラウドファンディングとは?メリット・デメリットや種類を解説

政府や自治体などの助成金

政府や自治体から助成金を受け取る方法です。返済不要の助成金を受け取ることができ、比較的幅広い企業を対象に行っているため、どの企業でも受けられる可能性があります。申請には知識が必要であり、手続きに手間がかかります。また、制度の内容が変化するため、将来的には受けられなくなる可能性があります。

受け取れる金額

数十万~数百万

着金までの期間

数週間~数か月

受け取れる金額

給付する自治体が定める条件を満たせること

メリット
  • 多くの場合、資金が返済不要
  • ほとんどの企業にとって受け取れるチャンスがある
デメリット
  • あまり宣伝をされていないので、知識がないと存在を知ることができない
  • 手続きに手間がかかる
  • 制度の内容が適宜変化するため、常に受けられる保証はない

まとめ

資金調達は「デットファイナンス」「エクイティファイナンス」「アセットファイナンス」の大きく3つに分かれ、その中でも様々な手法に分かれます。手法によっては根本的な財務状況を改善することができますが、中には一時的にキャッシュを増やすだけの手法もあります。
選択する手法を間違えると、良い財務状況だったにも関わらず悪化させてしまったり、財務状況だけでなく経営方針に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、安易に選ばずにきちんと知識を身に着けてからどの方法にするかを決定しましょう。

1社あたり平均融資金額1,000万円以上
年間対応件数600社以上
審査通過率99%の豊富な実績
KIKが創業期の融資をサポート

着手金なし

完全成果報酬型なので、費用が発生するのは融資成功時のみです

公認会計士が対応

融資に特化した会計士が対応しています

手間なし

書類作成も、金融機関とのやりとりもKIKが代行します

全融資制度取扱い

日本政策金融公庫、民間銀行などが取扱うすべての融資制度に対応が可能です

まずは無料で相談する

創業融資サポートの詳細はこちら

050-1705-5776

おすすめの記事