「日本政策金融公庫の面談ってどんなことを質問されるの?」

このように、公庫の面談で何を聞かれるのか不安になっていませんか?

特に公庫の創業融資を利用するのが初めての人は、面談で何を聞かれるかあらかじめ把握しておいて面談の対策をしたいですよね。

面談で良い印象を与えるためには、よく聞かれる質問とその意図を知り、マイナス評価されないような話し方をすることです。

この記事では、日本政策金融公庫の面談で聞かれる主な質問内容から面談で注意すべきこと、そして面談後の流れについてお伝えしていきます。

ぜひこの記事を参考にして資金調達を成功させてください。

日本政策金融公庫の面談で聞かれる主な質問内容

面談の質問内容

日本政策金融公庫で聞かれる主な質問内容とその意図は以下の通りです。

質問内容 質問の意図
創業前の経歴・職歴 事業を成功させるほどの実績があるのかを確認するため。過去に同じような事業経験があれば、事業の成功をイメージさせることが大切。
創業の動機 創業しようと思った理由について聞き、創業にかける思いや熱意、誠実さを確認するため。
事業内容 事業の実態を知り、営業可能かどうかをイメージするため。新しいビジネスモデルならその実現性をロジカルに説明することが大切。
事業がうまくいく根拠 確実に継続的な売上が発生する根拠について知り、融資をしても返済されるのかを確認されるため。
他社と差別化できるポイント 競合とどうやって戦い、どのようにして生き残っていくのかなど、事業の成長性を確認するため。
事業の懸念点と経営課題 事業における懸念点を自分で理解しているのかを知るため。その懸念点に対してどう立ち向かうかを知りたがっている。
入金と支払いサイクルの計画 どのように売上が発生し、お金は何に使うのかを聞いて、計画的で明確な入出金のサイクルを知るため。審査において特に重要な項目。
通帳の入出金やクレジットカードの残高について 税金や公共料金の未払いがないかの確認するため。先に支払うべきものを支払えているのか。
自己資金の集め方 自己資金が本当に返済不要なものかどうかを判断するため。

面談で良い印象を与えるためには、相手がどんなことを知りたがっているのかを質問内容から把握して最適な回答をすることです。

そのほかにも質問されることはたくさんあるので、質問に対してその意図を汲み取って答えるよう意識しましょう。

日本政策金融公庫の面談で注意すべき5つのこと

公庫の面談で注意すべきこと

日本政策金融公庫の面談では以下5点に注意しましょう。

  • まずは結論から話す
  • 相手の質問には論理的に答える
  • NGフレーズは使わない
  • できる限り添付書類を用意する
  • 開業に至ったストーリを作っておく

面談では自分の持つ事業計画を的確に伝え、担当者に「この人は信頼できる人だ」「融資をしてもしっかり返済してくれそう」と思ってもらうことが大切です。

ここからは、面談で注意すべき5点についてくわしく解説していきます。

説得力のある話し方を心がける!まずは結論から話す

面談ではまず結論から話すよう心がけましょう。はじめに結論から話し、そのあとに具体的な理由や内容を話すことによって話の要点を的確に伝えられるようになります。

たとえば次の会話を見てみてください。

担当者「競合と差別化を図るポイントについて教えてください。」

希望者「差別化するポイントは"顧客との距離感"です。特に大手の競合は顧客から要望を受けてもそれを反映させるまでに時間がかかります。一方で私たちの場合は数名で当事業をスタートさせるため、スムーズに顧客の要望を反映させることによって満足度をより高めることができます。」

上記例のように、はじめに結論を話すことで、自分の伝えたいことを明確に伝えることができます。結論の後にその理由と具体例を話せば根拠のある話し方にも聞こえるので、会話の説得力を高める上でも非常に有効な手段です。

絶対に口論はしない!相手の質問には論理的に答える

相手の質問には論理的に答えるようにしましょう。感情的に話をすれば担当者から「計画よりも感情を重視するから一時の感情に流される人」と判断され、マイナスに評価されてしまいます。

たとえば調達した資金を計画通りに使う必要があるのにも関わらず、感情的になりやすい人はその時の感情に流されて計画通りにいかないと考えられます。面談では自分の理性の強さを示すことを意識しましょう。

また、そのためには担当者と口論しないよう注意が必要です。

口論になると感情的な発言が多くなってしまい、マイナスに評価される可能性が高いからです。担当者によっては的外れで意地悪な質問をしてくることもありますが、その時々で最適な答えを返せるようにしましょう。

伝え方には気をつける!悪い印象を与えるNGフレーズ

面談でのNGワード

面談では口にしてはいけないNGフレーズがあります。それが「いくらなら借りることが可能ですか?」です。

「いくらなら借りることが可能ですか?」と聞くということは、「借りられるだけ借りたい」といった意識があるようにも感じられ、計画している必要資金はデタラメで計画性がないと判断されかねません。

計画性がなければきちんと返済できる保証もないため、公庫からの借入は難しくなります。

実際には「借りられる金額を知っておきたい」という気持ちがあっても、捉え方によってはマイナスに働く言葉なので、「いくらな借りることが可能ですか?」とは聞かないようにしましょう。

面談での評価アップ!添付資料をできる限り用意する

面談時はできる限り添付資料を用意しておきましょう。

添付資料を準備しておけば、面談の担当者へ事業内容について正しく説明できるだけでなく、自分もその資料を見ながら話せるため、自信を持って事業の魅力を伝えることができます。

添付資料とはその事業がうまくいくという裏付けができるデータ資料のことです。たとえば飲食のお店を開業するのなら、店舗の立地に関して以下の添付資料を用意しておくことが大切です。

    • 地域の年齢層
    • 周辺店舗の客層
    • ターゲットとする顧客像
    • 客単価

など

これら添付資料の準備は必ずしも必要ではなく、作成にも手間がかかりますが、面談で好印象を与えるためにできる限り作成しておくべきです。

事業にかける想いを伝える!開業に至ったストーリーを

日本政策金融公庫の面談では開業に至ったストーリーを大切にしましょう。

強く叶えたい想いが含まれたストーリーは、相手の心を動かす力があります。面談の担当者もひとりの人間なので、ストーリーを含めて話すことで創業に共感してもらえやすくなります。

たとえば単価が比較的低い飲食店を始めるのであれば、「私は学生の頃お金がなくて食べるのも困っていました。そんな時助けてくれたのが地元の個人経営の定食屋さんでした。」などといった原体験を話すとその事業にかける想いがより伝わりやすいです。

過去に苦しかった経験がある人は、その原体験を元にストーリーを作っておきましょう。

面談の結果はどう届く?面談後の流れ

公庫の面談後の流れ

続いて面談の結果がどのように届くのか知っておきましょう。面談後の流れは次の通りです。

  1. 面談終了
  2. 審査・調査
  3. 審査結果の連絡
  4. 融資額の振込

面談後、面談を担当したスタッフは希望者の理念などを汲み取った調査書を作成します。その調査書を上長に提出し、上長から許可が下りればはれて審査通過となります。

審査期間は面談後からおよそ3週間前後で、着金までは長くて1ヶ月程度です。審査結果の通知は郵送で届きます。

審査結果によっては希望額の満額を借りることができず、減額融資なら可能という結果になることがあります。その際は一度電話がかかってくることが多いです。

追加融資は面談なし?創業融資と追加融資の面談の違い

創業融資と追加融資の面談の違い

結論をいえば追加融資の場合も面談はあります。ただし、面談の内容や審査で重視されるポイントは創業融資の時とやや異なります。

創業融資の面談では、事業を成功させてきちんと返済できるかどうかが審査における重要なポイントです。一方で追加融資はこれまでの事業実績がポイントとなります。

追加融資の審査が事業実績を重視する理由は、開業した後の事業実績が悪ければ公庫側としては貸し倒れされるリスクが大きいためです。事業実績の悪い業者の追加融資は審査が厳しくなります。

このように、創業融資と追加融資とでは審査で着目するポイントが異なることに注意しましょう。

なお、追加融資の申込みから審査までの流れは創業融資の時とほとんど変わりませんが、審査期間は追加融資の方が短い傾向にあります。

日本政策金融公庫の面談に必要な書類

公庫の面談の必要書類

では、面談に必要な書類には何があるのでしょうか。

日本政策金融公庫の面談時に持参する必要書類には以下のものがあります。

  • 借入申込書
  • 創業計画書
  • 見積書(設備資金を申込む場合)
  • 源泉徴収票or確定申告書
  • 運転免許証orパスポート
  • 住民票or住民票記載事項証明書
  • 最近6ヶ月分以上の預金通帳
  • 印鑑

面談時はこれらの書類を元に話を進めていくため、忘れないようにしましょう。また、法人の場合は履歴事項全部証明書や登記簿謄本などが別途必要です。

面談時の必要書類について不安な方や、書類の作成にお困りの方は、日本政策金融公庫の事業資金相談ダイヤルへ一度電話して確認しましょう。

【事業資金相談ダイヤル】
電話番号:0120−154−505
受付時間:平日9時〜17時

日本政策金融公庫の面談前に知っておいてほしい2つのポイント

公庫の面談前に知っておいてほしいポイント

ここまで日本政策金融公庫の面談に必要なこと、注意点について見てきました。ここからは面談に臨むにあたって是非とも知っておいてほしい以下の2点について説明します。

  • 公庫側はできる限り貸したいと思っている
  • 融資を受けられるのは返済の余地がある人

審査に落ちるかどうか不安になっている人は、そもそも今の事業計画で返済が可能かどうかを再度確認してください。公庫側はお金を貸したいと思っているので、明らかに返済が可能と判断できる事業は審査が有利に進みます。

ここからは、その理由と具体的な内容について解説していきます。

公庫側はできる限り貸したいと思っている!

公庫はできる限り貸したいと思っています。なぜなら公庫はお金を貸し出し、返済時の利息によって事業が成り立っているからです。

銀行も創業融資を行なっていますが、銀行は創業融資のほかに各種ローンや金融投資、また手数料などで利益があります。しかし公庫はお金を貸し出して利息を取ることでしか利益を発生させることができません。

このことから、公庫はできる限り融資をしたいと思っているといえます。きちんと利益が発生するビジネスであり、なおかつ誠実な人には喜んで貸したいはずです。

たとえ面談でいじわるな質問をされたとしても、それは審査で落とすためではなく誠実さを確かめるためです。自信を持って面談に臨むためにも、公庫ができる限り貸したいと思っていることは頭に入れておきましょう。

融資を受けられるのは返済の余地がある人

審査において特に重要視されるポイントが”返済できるかどうか”です。

公庫側がいくら融資したいと思っていても、そのお金が返ってこなければ貸しても意味がありません。公庫では事業内容や創業動機なども審査対象となりますが、結局返済できるのかどうかが大前提となります。

つまり、返済ができることを示し、きちんと返済する誠実さをアピールすれば審査を有利に進めることができます。

そのため面談では誠実に受け答えし、また創業計画書や見積書などを雑に作成している人は書類作成から見直しましょう。

公庫の審査に落ちたらどうすればいい?審査落ちの対処法

公庫の審査に落ちた後の対処法

そもそも面談の前に、日本政策金融公庫の審査に落ちる原因には何があるのか気になっていませんか?

日本政策金融公庫の審査に落ちる原因は主に以下の5つが考えられます。

  • 信用情報に問題がある
  • 公共料金や税金を延滞している
  • 自己資金が足りない
  • 面談での印象が悪い
  • 事業計画書に無理がある

公庫では個人の信用情報が審査に影響します。たとえばクレジットカードやカードローンの返済が滞っている人は、たとえ事業資金の借入の場合でも審査通過は厳しいでしょう。

そのほか、自己資金が足りない人や面談での印象が悪い人は審査通過が厳しくなることが考えられます。

以下の記事では、日本政策金融公庫の審査に落ちる理由とその対策について詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてください。

まとめ:公庫の面談前にきちんと対策をしよう

公庫の面談前に対策しよう

日本政策金融公庫の面談では以下の5点に注意が必要です。

  • まずは結論から話す
  • 相手の質問には論理的に答える
  • NGフレーズは使わない
  • できる限り添付書類を用意する
  • 開業に至ったストーリを作っておく

これらの注意点を意識するだけでも面談の担当者に与える印象は大きく異なります。

こちらの記事の冒頭で面談でよく聞かれる質問について紹介しているので、そちらも併せてチェックしてぜひ資金調達に成功させてください。

1社あたり平均融資金額1,000万円以上
年間対応件数600社以上
審査通過率99%の豊富な実績
KIKが創業期の融資をサポート

着手金なし

完全成果報酬型なので、費用が発生するのは融資成功時のみです

公認会計士が対応

融資に特化した会計士が対応しています

手間なし

書類作成も、金融機関とのやりとりもKIKが代行します

全融資制度取扱い

日本政策金融公庫、民間銀行などが取扱うすべての融資制度に対応が可能です

まずは無料で相談する

創業融資サポートの詳細はこちら

050-1705-5776

おすすめの記事