「信用金庫とは?」
「信用金庫と日本政策金融公庫の融資制度、借りるならどっち?」

このように現在、信用金庫と日本政策金融公庫の融資制度について気になっていませんか?

信用金庫は中小企業・小規模事業者に融資を行う金融機関です。
信用保証協会付融資を利用すれば、より信用金庫から融資を受けやすくなります。

しかし、信用保証協会付融資は保証料がかかるため、融資を受けるならまずは日本政策金融公庫の利用がおすすめです。

こちらの記事では、信用金庫の融資制度や日本政策金融公庫との違いについてご紹介します。

こちらの記事を読むことで、

  • よりリスクを抑えて融資を受けられる
  • 創業時でも融資を受けられる
  • 追加融資もよりスムーズに受けられる

ようになります。ぜひこちらの記事を参考にして融資を成功させてください。

信用金庫とは?地域の発展を目的とした金融機関

創業補助金とは?金額や条件などを解説

「信用金庫」とは、地域の発展を目的とし、地域の中小企業・小規模事業者に融資を行う金融機関です。

信用金庫の資金は、会員である地域の個人の方や中小企業から出されています。
中企業向けの融資だけでなく、個人向けに各種ローンを提供するなど役割としては銀行と同じ民間の金融機関です。

ただし、銀行は株式会社なので株主の利益が優先される一方、信用金庫は地域の人たちが利用者・会員となっており、会員および地域社会の利益が優先される点で銀行とは異なります。

また、信用金庫を利用して融資を受けられるのは一定の地域に限定されるほか、資金使途が地域の発展に生かされるものに限定されるといった違いがあります。

銀行と比べて資金力が弱いので高額融資は受けられませんが、資金調達を考えている事業者は信用金庫を利用するのも選択肢の一つです。

信用金庫と信用組合の違いは?どちらも非営利の協同組織

信用金庫と似た組織に「信用組合」と呼ばれるものがあります。

信用組合とは、中小企業や個人が組合員となって、組合員の経済的地位の向上を図る相互扶助を目的とした協同組織です。

信用金庫と信用組合、いずれも営利を目的としない協同組織の金融機関ですが、多少の違いがあります。
たとえば信用金庫は預金の受け入れに制限がない一方、信用組合に預金できるのは原則として組合員の資格を持つ人のみとなっています。

しかし、融資を受けるにあたって双方に大きな違いはないので、資金調達を考えている事業者にとっては信用組合も選択肢の一つです。

信用保証協会とは?銀行など金融機関の融資を受けやすくする公的機関

信用金庫・信用組合のほかに、「信用保証協会」と呼ばれる組織があります。

信用保証協会は金融機関ではなく、銀行や信用金庫をはじめとした金融機関からの融資を支援してくれる組織です。
中小企業や小規模事業者の資金繰りの円滑化を目的としています。

通常、銀行などから直接融資を受けるためには厳しい審査に通過する必要がありますが、信用保証協会の保証を受けることで、銀行などからの融資を受けやすくなります。

信用保証協会は、信用金庫や信用組合のように「信用」という名称が含まれますが、直接融資を行う組織ではないので混同しないよう注意しましょう。

創業時は信用金庫の信用保証協会付融資を利用しよう

創業時に融資を受けるなら、信用金庫の信用保証協会付融資がおすすめです。

信用保証協会が融資を保証をしてくれる制度で、仮に借主の返済が滞ってしまった場合には、信用保証協会が借主に代わって信用金庫へ代理弁済を行います。
信用金庫としては貸し倒れのリスクが抑えられ、安心して融資を行えるので、事業者も資金調達がしやすくなります。

特に創業時は過去の経営実績がない状態なので、基本的に金融機関から融資を受けるのが困難です。
しかし信用保証協会付融資を利用すれば、創業時でも借りられる可能性が高くなります。

信用保証協会付融資を利用する際の注意点

起業するならどんな準備が必要?アイディア以外に必要なもの

信用保証協会付融資を利用する際には以下3つの注意点があります。

  • 信用保証料を支払う必要がある
  • 信用保証協会の審査に落ちる可能性がある

信用保証協会付融資は創業時でも融資を受けやすいですが、必ずしも融資を受けられるというものではありません。
また、信用保証協会を利用すれば保証料を支払う必要があるので注意が必要です。

ここからは、それぞれの注意点について詳しく見ていきます。

信用保証料を支払う必要がある

信用保証協会から保証を受けるためには、信用保証料を支払わなければいけません。
信用保証料は一括で請求されるので、融資を受けた際に融資額から信用保証料が差し引かれます。

信用保証料の料率は経営状況によって異なり、9つの料率区分から適用されます。
各地方の信用保証協会によっても異なりますがその料率はおよそ0.5%〜2.0%です。

たとえば信用金庫から500万円を融資を受ける場合、2.5万円〜10万円ほど負担する必要があります。
また、融資を受けると利子が発生するので、信用保証付融資は利子と保証料の負担がかかります。

信用保証協会付融資は創業時でも融資を受けやすい一方、事業者の負担もやや大きくなる点に注意が必要です。

信用保証協会の審査に落ちる可能性がある

信用保証協会の審査に落ちれば、信用保証協会付融資を受けることはできません。
信用金庫からの融資を受けやすくなるとはいえ、必ずしも審査に通過するものではないので注意する必要があります。

信用保証協会の審査に落ちる原因には以下の3つが考えられます。

  • 税金や各種ローンを滞納している
  • 経営赤字が3期以上続いている
  • 債務超過

信用保証協会は税金で運営されいるため、税金を滞納している事業者に対して保証することはありません。
さらに信用保証協会の審査は個人の信用情報も対象になるので、借主本人が個人的な借金を滞納している場合は審査通過が難しくなります。

また、経営赤字が3期連続で続いている場合は「融資を行っても赤字が拡大するだけ」と判断され、審査に通過することがほとんど不可能です。
同様に、総資産以上の借金を背負っていて債務超過となっているのであれば、「今後も債務超過が拡大するだけ」とみなされて審査に落とされる可能性が高いです。

すでに事業を何年か継続している方は経営状況を、創業間もない方は税金や各種ローンを見直した上で融資を申し込みましょう。

信用金庫と日本政策金融公庫の融資制度の違い

新創業融資制度を受けて資金調達を成功させよう

信用金庫から融資を受けるほかにも、国の金融機関「日本政策金融公庫」の融資制度を利用するという選択肢もあります。

信用金庫と日本政策金融公庫の利用条件を比較すると次の通りです。

信用金庫 日本政策金融公庫
金利 約2.5%〜3.8% 約2.0%〜2.8%
審査期間 1〜2ヶ月 約3週間〜1ヶ月
返済期間 最大7〜10年 最大7〜10年
自己資金要件 自己資本の50%以上
(制度上の基準なし)
自己資本の10%以上
(新創業融資制度)

両者を比較すると、日本政策金融公庫の方が融資を受けるハードルは低いと考えられます。

しかし、信用金庫も日本政策金融公庫と比べて特別高い金利ではありません。
審査期間が長くかかるものの、返済期間もほとんど同じなので、信用金庫でも好条件で融資を受けれます。

創業時に融資を受けるなら日本政策金融公庫

創業時に融資を受けるなら、日本政策金融公庫がおすすめです。

日本政策金融公庫の融資制度「新創業融資制度」は、創業者向けの融資制度で、自己資金の要件は10分の1以上と非常に優しくなっています。
たとえば、自己資金が50万円ある方の場合、最大で500万円の融資を受けることが可能です。

また、金利を比較すると日本政策金融公庫の融資制度の方が低く、審査期間も1ヶ月以内と短いので融資を受けるハードルが低いのは日本政策金融公庫の融資制度です。

ただし、日本政策金融公庫の融資制度にもいくつか種類があり、それぞれ利用条件が異なる店には注意しましょう。

とはいえリスクを抑えて、なおかつスピーディに融資を受けられる日本政策金融公庫の融資制度は創業時におすすめと言えます。

個人事業主でも両方申し込める

個人事業主でも信用金庫と日本政策金融公庫の両方に申し込みが可能です。
いずれも中小企業・小規模事業者を対象に融資を行っており、法人・個人で区別されているものではありません。

個人事業主で融資をお考えの方は、日本政策金融公庫の利用を検討するとともに、事業を営む地域の信用金庫の融資制度についてもチェックしておきましょう。

信用金庫と日本政策金融公庫から融資を受けるのがベスト

ここまで、信用金庫と日本政策金融公庫の違いについてお伝えしてきましたが、結論、両方の融資を受けるのがベストです。
借りすぎはよくありませんが、事業を営むためにはお金が必要となるので、常にキャッシュを確保しておく必要があります。

基本的には、まず日本政策金融公庫から融資を受けて、その後に可能であれば信用金庫からも融資を受ける流れがおすすめです。

日本政策金融公庫は信用金庫に比べて低金利で、なおかつ融資を受けるまでの期間が短いです。
日本政策金融公庫からの融資で、できる限り早くお金を作って事業を伸ばし、さらに事業拡大の際に追加融資として信用金庫から融資を受けましょう。

融資を受ける事業者のほとんどが追加融資を行います。
複数の金融機関から融資を受ければ、それぞれ取引実績が作られ、追加融資を受けたいタイミングでスムーズにお金を借りられるようになります。

事業資金を借入するならまずはKIKにご相談ください

審査は厳しい

事業資金を借入するならまずはKIKにご相談ください。

KIKでは、創業者を対象に創業融資のサポートを行っています。

担当者が事業内容の詳細をヒアリングし、認定支援機関が創業融資を受けるためのサポートを行います。
具体的なサポート内容は、経営のコンサルティングや事業計画書の作成のアドバイスなどです。

当社がサポートした申し込みの審査通過率は90%を超えており、多くのお客さまが希望額の融資を実現されています。

ご相談は無料で受け付けておりますので、まずは一度お問い合わせください。

まとめ:起業・創業融資は日本政策金融公庫がおすすめ

本記事の内容をまとめると次の通りです。

  • 信用金庫は地域の発展を目的とした金融機関
  • 信用金庫と信用組合はどちらも非営利の協同組織
  • 信用保証付融資は保証料の負担に注意
  • 創業融資を受けるなら日本政策金融公庫がおすすめ

信用金庫や信用組合は、どちらも営利を目的としない協同組織の金融機関です。

地域の活性化を目的としており、同じ地域に住む個人や事業と営む経営者に対して融資を行っています。
信用保証協会付融資を利用すれば保証料の負担があるものの、審査を有利に進められるのでぜひ活用しましょう。

また創業者の方には、日本政策金融公庫の融資制度がおすすめです。
日本政策金融公庫や信用金庫など、複数の金融機関を利用して事業拡大を目指しましょう。

1社あたり平均融資金額1,000万円以上
年間対応件数600社以上
審査通過率99%の豊富な実績
KIKが創業期の融資をサポート

着手金なし

完全成果報酬型なので、費用が発生するのは融資成功時のみです

公認会計士が対応

融資に特化した会計士が対応しています

手間なし

書類作成も、金融機関とのやりとりもKIKが代行します

全融資制度取扱い

日本政策金融公庫、民間銀行などが取扱うすべての融資制度に対応が可能です

まずは無料で相談する

創業融資サポートの詳細はこちら

050-1705-5776

おすすめの記事