これから開業を考えられている方の中には、住宅ローンを既に組んでいる方も少なからずいるかと思います。特に会社に勤められている方に多いでしょう。創業融資を受ける方は「住宅ローンの有無は融資の審査に影響を与えるのか?」という疑問を持つかもしれません。本記事ではこの疑問を解消していきます。先に結論を書いてしまうと、

「住宅ローン自体は融資に影響を及ぼさないが、返済に滞りがあるとマイナス評価になる」

という回答になります。

日本政策金融公庫はCICを見て返済能力を判断する。

日本政策金融公庫を含め多くの金融機関は、融資を行う前には対象者に返済能力があるかどうかを見極めます。その中のいち要因として「CIC(指定信用情報機関)」というものがあります。これはローンや消費者金融、クレジットカードの利用状況などあらゆる借入や返済の状況を管理する機関です。日本政策金融公庫および他の金融機関はこの情報にアクセスする権利を持っており、過去のデータベースを基に返済能力があるかどうかを判断します。このCIC情報は個人に紐付いて管理されているため、仮に別の法人名義で融資を受けたとしても、同様の内容で判断されます。

消費者金融やカードローンなどは融資に影響を及ぼす。

消費者金融やカードローン、ビジネスローンなどの借入は融資に大きな影響を及ぼします。自己資金は手元の資金から借入額を引いた額とみなされるため、あまりにも借入額が多いと融資が下りない可能性が高くなります。また、残債が少なくても返済の滞りが多すぎる場合にも同様です。借入額が多すぎる場合には債務整理を行うのも1つですが、債務整理を行った上で完済してから5年が経たないと融資が下りないので注意が必要です。

住宅ローンや自動車ローンは例外である。

前項で借入は融資に影響を及ぼすと記載しましたが、住宅ローンや自動車ローンは例外です。ローンを組んだこと自体が審査に悪影響を及ぼす可能性はかなり低いです。とはいえ、返済に滞りがある場合には審査の上でマイナス要素になり得ます。また、これらのローンを組んだ直後は、返済実績がないため日本政策金融公庫側が慎重になる可能性があります。

ローンを組んだ上で、独立のためにすぐに会社を辞めてしまったという状況だと、返済に対するリスクが上がるため黄色信号です。融資のためだけでなく、生活を担保するためにもしっかりとプランを組んで、融資が下りる確度が上がってから退職を検討しましょう。

まとめ

結論として、返済に滞りがある場合などは例外ですが住宅ローン自体は融資に影響を及ぼしません。一方で、それ以外のローンや消費者金融、クレジットカードの利用状況などは審査に影響を与えます。安易にノンバンクに手をつけず、早い段階で日本政策金融公庫の活用を検討しましょう。

1社あたり平均融資金額1,000万円以上
年間対応件数600社以上
審査通過率99%の豊富な実績
KIKが創業期の融資をサポート

着手金なし

完全成果報酬型なので、費用が発生するのは融資成功時のみです

公認会計士が対応

融資に特化した会計士が対応しています

手間なし

書類作成も、金融機関とのやりとりもKIKが代行します

全融資制度取扱い

日本政策金融公庫、民間銀行などが取扱うすべての融資制度に対応が可能です

まずは無料で相談する

創業融資サポートの詳細はこちら

050-1705-5776

おすすめの記事