会社を起こす際に受け取ることができる、さまざまな助成金があることはご存知ですか?

シニアや若者、女性が受け取ることができる助成金も充実しているので、意外にも多くの助成金を受け取ることができる可能性があります。
起業の際には資金的な余裕がそれほどない人がほとんどなので、返済不要な助成金を受け取ることがでできれば起業後の資金繰りは非常に楽になりますよね。

この記事では、起業時に受け取ることができる助成金について詳しく解説していきます。
起業前だけでなく、起業後も受け取ることができる助成金も紹介するので、すでに起業しているという方もご覧ください。

助成金とは?補助金との違いを解説

返済不要で資金の援助を受けることができるお金として、助成金と補助金という2つの援助があります。

基本的には助成金と補助金は同じですが、細かく分けると助成金と補助金には以下のような違いがあります。

  • 助成金:受け取るための基準が決まっているので条件を満たせばほぼ確実に受け取ることができる
  • 補助金:国や地方自治体の予算の中でおこなわれるので予算に達すると受け取ることができなくなる

どちらも、国や地方公共団体が特定の政策目標のために補助を与えるものであるという点は同じです。

しかし、「受け取れる可能性」に大きな違いがあります。

助成金は受け取ることができる場合が多く、補助金は受け取ることができない場合も多いと理解しておきましょう。

2021年版!開業・創業の際に受け取れる助成金

開業・創業の際に受け取ることができる助成金としては以下の2つの助成金・補助金が有名です。

  • 創業補助金
  • 事業承継補助金

どちらも補助金ですので、必ず受け取ることができるわけではありませんが、採択されれば創業時や第二創業時に大きな補助を受けることができます。

創業時に受け取ることができる2つの補助金について詳しく解説していきます。

開業資金の補助を受けられる!創業補助金

起業する際に必要な資金の一部の補助を受けることができる補助金が「創業補助金」です。

創業補助金の概要は以下のようになっています。

支給額 100万円〜200万円
補助率 1/2以内
支給対象者 新たに創業する者
その他 従業員の雇用が1名以上必要

2/3という高額な補助を受けることができますが、従業員を1名以上雇用しなければならないという条件があります。

創業補助金は例年4月〜5月に公募がありますが、年々人気が上昇しており、採択率はどんどん低くなっています。

創業計画が非常に重要になるので、入念な計画を立てるようにしましょう。

なお、開業時の事業計画を立てるなら、事業計画書の中でも創業時に特化した「創業計画書」の作成がおすすめです。

創業補助金の募集は例年4月〜5月に行われておりますが、令和3年1月現在、令和3年度の地域創造的起業補助金は未定です。
令和3年分の創業補助金の予算が採択されて新たに公募が行われる可能性も考えられますので、中小企業のHP「経営サポート 創業・ベンチャー支援」より最新情報をチェックしておきましょう。

また、KIKではコロナ渦で融資を考えている方が大変多くなっているため、
実際に日本政策金融公庫に提出し、融資を獲得した「事業計画書」、「収支計画書」のサンプルを今だけ無料で配布しています。
計画作成の参考にぜひお役立てください!

\実際に提出して融資を獲得/

中小企業の第二創業をするなら事業承継補助金

事業承継をきっかけにして、経営革新等の第二創業をおこなう中小企業に対して支給される補助金が事業承継補助金です。

補助内容は以下のようになります。

支給額 200万円以内
(複数の事業者が連携して取り組む共同事業の場合は100~500万円)
補助率 1/3〜2/3以内
支給対象者 規定の期間に新たな事業転換をおこなうこと
その他 取引先や雇用創出によって地域に貢献する中小企業

親から引き継いだ会社の事業転換をする場合に受け取ることができる補助金です。

新規創業時の受け取ることができる創業補助金に対して、第二創業で受け取ることができる事業承継補助金というように、創業のタイミングや中身によって受け取ることができる補助金の種類は異なります。

令和3年1月現在、新たな公募はまだ行われていません。
しかし、令和2年度分の公募は昨年3月31日~6月5日に行われていたので令和3年以降も公募が行われる可能性があります。

募集時期を逃さないよう、定期的に確認するようにしましょう。

なお、創業補助金や事業継承補助金などの創業関連の補助金は中小企業庁のミラサポで調べることが可能です。

女性に対する補助も充実!女性起業家が受け取れる助成金

国や地方自治体は女性起業家に対して積極的支援をおこなっており、女性が受け取ることができる補助金も用意されています。

その中でも、東京都が用意している「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」や「DBJ女性新ビジネスプラン コンペティション」などは有名な助成事業です。

若手・女性起業家限定の補助金について詳しく解説していきます。

東京都の若手・女性リーダー応援プログラム助成事業

東京都は、若手・女性起業家に対して補助金で支援をおこなっています。

この助成事業は、都内商店街の活性化を目的として、都内の商店街で開業する女性や若手の男性の支援をおこなうものです。

補助内容は以下のようになっています。

支給額 最大730万円

事業所整備費
(店舗新装・改装工事、
設備・備品購入、
宣伝・広告費):400万円
実務研修受講費:6万円
店舗賃借料:
1年目→月15万円
2年目→月12万円

補助率 3/4以内
支給対象者 都内商店街で開業する「女性」又は
「2021年3月31日時点で39歳以下の男性」
その他 卸売業・小売業、
不動産・物品賃貸業、
宿泊業・飲食サービス業、
生活関連サービス・娯楽業、
教育・学習支援業、
医療・福祉、サービス業
(他に分類されないもの)

最大730万円という大型の支援を受けることができます。

令和3年1月現在、2021年分の募集は行われていませんが、今後募集される可能性があるので要チェックです。

都内で開業するのであれば、利用を積極的に検討しましょう。

DBJ女性新ビジネスプラン コンペティション

日本政策投資銀行は、女性起業家のコンペティションを毎年開催しています。

開始5年以内(目途)の女性起業家のビジネスプランを募集し、最優秀賞受賞者は各最大500万円、大賞受賞者は最大500万円を加算し、最大1,000万円を受け取ることができるというものです。

助成金や補助金とは少し異なりますが、女性起業家に対してこのような機会も用意されています。

令和3年以降の公募も行われる可能性があるので、女性起業家の方は最新情報を「DBJ女性新ビジネスプラン コンペティション」でチェックしておきましょう。

若者やシニアも受け取れる!雇用に関する助成金

さらに、シニアが起業する時や、若者を雇用する際にも様々な助成金が用意されています。

こちらは、起業を支援するというよりも、雇用を支援するという政策目標でおこなわれる補助なので、「人を雇う際に補助を受けたい」という経営者向けの補助金となっています。

起業してしばらくは、人件費などの固定費が資金繰りを大きく圧迫するので、雇用に関する助成金・補助金についてもしっかりと理解しておきましょう。

特定求職者雇用開発助成金

高年齢層や障害者などの就職困難者を雇用することによって受け取ることができる補助金です。

求職者がハローワークなどの適正な紹介事業者から紹介を受け、雇用保険の一般被保険者として雇い入れることによって補助を受けることができます。

例えば短期労働者以外の高齢者(60歳以上65歳未満)を雇用すると、1年で60万円の支給を受けることができます。

シニアの起業で受け取れる!生涯現役起業支援助成金

高齢者が起業する場合に受け取ることができる補助金も存在します。

40歳以上の方が、起業によって自分自身の雇用を創出する場合に受け取ることができる補助金です。

40歳以上の方が起業をして、新規事業の際の雇用に要した募集や訓練にかかる経費の一部が補助を受けることができます。

  • 起業者が高年齢者(60歳以上の場合):補助率2/3 上限200万円
  • 起業者が上記以外(40歳~59歳)の者の場合:補助率1/2 上限150万円

生涯現役起業支援制度の詳細については、厚生労働省のHP「中途採用等支援助成金(生涯現役企業支援コース)」より確認しましょう。

三年以内既卒者等採用定着奨励金

既卒者や中退者が応募可能な新卒求人の募集を新たにおこない、一定期間定着させた場合に補助を受けることができる制度です。

例えば、中小企業が高校中退者を雇い、1年間定着させた場合には60万円、2年定着後、3年定着後にそれぞれ10万円ずつ受け取ることができます。

募集は例年行われており、令和3年の公募も行われる可能性があります。

ただし、三年以内既卒者等採用定着奨励金は過去に名称が変わって「特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)」となりました。

今後、名前が変わって公募が行われる可能性があるので、詳細や最新情報は厚生労働省のHP「特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)」よりチェックしておきましょう。

 2020.12.1更新!現在もらえる助成金は最大1154万円

助成金の申請はもうお済みですか?

実は条件さえ整っていれば審査の手間もなく助成金を獲得することができます。

使用用途が調べられない助成金は、創業初期の資金繰りには非常に魅力的。

会社にとってのボーナスのようなものである助成金を手に入れない理由はありません!

まずは無料診断で助成金がいくら貰えるか確認してください!

助成金がいくら貰えるか確認する

障害者を継続雇用するなら?障害者作業施設設置等助成金

障害者を雇用する場合にも補助金を受け取ることができる場合があります。

障害者が障害を克服し作業を容易におこなえるよう配慮された施設、または改造等がなされた設備の設置または整備をおこなう事業者に対して、その工事費用の一部を助成する制度です。

助成金は設備を購入するか賃借するかによって第1種と第2種に分かれており、障害者作業施設設置等助成金の主な概要は以下のようになります。

  • 第1種作業施設設置等助成金:事業主が作業施設等を工事、購入等により設置・整備すること
  • 第2種作業施設設置等助成金:事業主が作業施設等を賃借により設置・整備すること

また、受け取ることができる補助金の金額は、以下のようになります。

①第1種作業施設設置等助成金

  • 作業施設の場合:障害者1人につき450万円
  • 作業設備の場合:障害者1人につき150万円

②第2種作業施設設置等助成金

  • 作業施設の場合:障害者1人につき月13万円
  • 作業設備の場合:障害者1人につき月5万円

第1種で作業施設を工事・購入する場合には、450万円もの助成を受けることができます。

助成金以外は?事業拡大のための資金調達方法

助成金のほかに、起業時に融資を受けるのも大切な資金調達の一つです。低金利で受けられるシニアの方や女性におすすめの融資制度には以下の2つがあります。

  • 女性、若者/シニア起業家支援資金
  • 新創業融資制度

ここからは、それぞれの詳細について解説していきます。

1.女性、若者/シニア起業家支援資金

女性、若者/シニア起業家支援資金とは、日本政策金融公庫の融資制度の一つです。
対象となるのは35歳未満もしくは55歳以上の男性、または女性(年齢制限なし)のうち、新たに事業を始めてから7年以内の方、あるいはこれから事業を開始する方です。

女性、若者/シニア起業家支援資金は以下のような概要となっています。

融資限度額 7,200万円
(うち運転資金4,800万円)
利率 1.41%〜1.80%
(2021年1月現在)
返済期間 設備資金:20年以内
運転資金:7年以内
担保・保証人 要相談

女性、若者/シニア起業家支援資金は金利が低いことが特徴です。担保を設定したり、融資後に利益率や雇用に関する一定の目標を達成したりすれば、ここからさらに金利を最大1%程度引き下げることもできます。

これから創業を考えている、あるいは創業しておおむね7年以内の女性やシニアの起業家であれば、女性、若者/シニア起業家支援資金も選択肢の一つと言えます。

2.新創業融資制度

新創業融資制度も日本政策金融公庫の融資制度の一つです。
対象となるのは新たに事業を始める人もしくは事業を開始して税務申告を2期終えていない人です。

新創業融資制度の概要は以下のようになっています。

融資限度額 3,000万円
利率 2.41%〜2.80%
(2021年1月現在)
返済期間 他に利用する融資制度によって変動
担保・保証人 原則不要

女性、若者/シニア起業家支援資金と比べると金利は高めですが、担保や保証人が原則不要な上、自己資金の要件は最低10分の1以上など、創業したばかりの方でも申し込みやすいことが特徴です。

新創業融資制度のそのほかメリット・デメリットをはじめ、制度の詳細について以下の記事で解説していますので気になる方はぜひチェックしてみてください。

KIKは全てのお困りの方に初回のカウンセリングを無料で行っています

\99%の審査通過率/

\平均700万円の融資金額UP/
KIKのサービスを見てみる

他にもある!起業家が申請したい助成金一覧

小規模事業者持続化補助金(小規模事業者支援パッケージ事業)

小規模事業者持続化補助金は、中小企業庁が実施する「小規模事業者支援パッケージ事業」の一つです。

小規模事業者の事業継承・働き方改革・人材不足・販路拡大などを目的としています。小規模事業者持続化補助金の概要は以下のようになっています。

補助上限額 ・50万円
・100万円(賃上げ・海外展開・買い物弱者対策)
・500万円(複数の事業者が連携した共同事業)
補助率 多少経費の2/3
対象者 全国の小規模事業者

補助の条件は、商工会・商工会議所と一体となって経営計画を作成することです。

また、小規模事業者持続化補助金は過去に何度か実施された補助金制度です。毎年行われているものではなく、令和3年1月現在も募集時期は未定ですが、今後も実施される可能性があるので必ずチェックしておきましょう。

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(ものづくり補助金)

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業や小規模事業者に対して設備投資等を支援する補助金です。「ものづくり補助金」とも呼ばれ、新しいサービスの創出をはじめ、ものづくりに係る費用の一部が補助されます。

ものづくり補助金には3つのコースがあり、それぞれの最大補助額は次の通りです。

  • 一般型:最大1,000万円
  • グローバル展開型:最大3,000万円
  • ビジネスモデル構築型:1億円

令和3年度における、一般型・グローバル展開型の5次募集の公募は令和2年12月から開始されており、締め切りは令和3年2月19日です。

また、ビジネスモデル構築型の2次公募は令和3年1月15日から開始されており、締め切りは3月19日です。

新たなサービス・商品の開発を行う事業者の方は、ぜひものづくり補助金を検討してみてください。

国だけじゃない!地方自治体独自の起業関連補助も充実

地方自治体も独自に起業に対する補助金や助成金を取り扱っており、以下のようなものがあります。

この他にも、市区町村の基礎自治体でも創業に関する補助金は多数取り扱っています。

一部、令和3年1月現在ですでに公募を終了しているものもありますが、令和3年分の公募も改めて行われる可能性があります。

住所や事務所所在地の自治体の助成金を調べてみましょう。

助成金・補助金を受け取る際の3つの注意点

助成金・補助金を受け取る際には以下の3点に注意する必要があります。

  • 助成金や補助金は原則的に後払い
  • 助成金や補助金は課税所得になる
  • 時間をかけて申請しても採択されないことが多い

助成金や補助金をあてにしてもすぐに入金しないことも多く、助成金や補助金を受け取る金額分の資金を手元に持っていなければなりません。

助成金・補助金を受け取る際の3つの注意点について、詳しく解説していきます。

助成金や補助金は原則的に後払い

助成金や補助金は原則的に後払いになります。

例えば、補助率2/3の助成金を使用して、150万円の投資をおこなう場合、2/3である100万円に関しては補助を受けることができます。

しかし、100万円が入金されるのは150万円を支払った後になります。

つまり、助成金や補助金は原則的に後払いになるので、手元には補助を受けない場合に必要な金額を用意していない限りは補助を受けることは不可能です。

前払いの補助金も存在しますが、原則的には後払いなのでに注意しましょう。

助成金や補助金は課税所得になる

税金から援助を受ける助成金や補助金ですが、課税所得になるという点に注意が必要です。

税から受け取った助成金や補助金が課税されるというイメージを持たない人も多いかもしれません。

しかし、助成金や補助金は雑所得として課税所得になるので、申告するのを忘れないようにしましょう。

時間をかけて申請しても採択されないことが多い

創業補助金などの人気のある補助金は必ず採択されるわけではありません

例えば、平成29年度の創業補助金の採択率は14.7%となっています。

人気のある補助金は事業内容や計画などが厳格に判断され、審査を通過できた案件だけが採択されることになります。

補助金や助成金をあてにして資金計画を立てても、採択にならない可能性は十分に考えられるので注意しましょう。

なお、個人の方で融資がどれくらい受けられるか不安な方は、こちらの窓口から無料で相談することができます。

創業融資で事業拡大しませんか?

KIKでは創業者を対象に創業融資のサポートを行っています。

担当者が事業内容の詳細をヒアリングし、公認会計士が創業融資を受けるためのコンサルティングや事業計画書の作成をサポートします。

当社がサポートした申し込みの審査通過率は90%を超えており、多くのお客さまが希望額の融資を実現されています。

ご相談は無料で受け付けておりますので、まずは一度お問い合わせください。

 2020.12.1更新!現在もらえる助成金は最大1154万円

助成金の申請はもうお済みですか?

実は条件さえ整っていれば審査の手間もなく助成金を獲得することができます。

使用用途が調べられない助成金は、創業初期の資金繰りには非常に魅力的。

会社にとってのボーナスのようなものである助成金を手に入れない理由はありません!

まずは無料診断で助成金がいくら貰えるか確認してください!

助成金がいくら貰えるか確認する

まとめ

いかがでしたか?以下、当記事のまとめです。

  • 助成金と補助金は「受け取れる可能性」に大きな違いがある
  • 女性起業家が受け取れる助成金も充実している
  • 若者・シニア向けの助成金もあり、シニアを雇用する際の助成金もある
  • 障害者が働く際の設備、施設に対する助成金がある
  • 国だけでなく、地方自治体特有の助成金もあるため、調べるのがおすすめ
  • 助成金は基本後払い・課税所得になる・採択されないこともあるなどの注意も必要

起業の際に受け取ることができる助成金や補助金は年々充実しています。
会社を創業しようと考えた時には、自分がどのような助成金を受け取ることができるか調べ、助成金も資金計画に入れた上で創業計画を立てるようにしましょう。
なお、補助金は100%採択されるわけではなく、後払いになるという点には十分注意するようにしてください。

1社あたり平均融資金額1,000万円以上
年間対応件数600社以上
審査通過率99%の豊富な実績
KIKが創業期の融資をサポート

着手金なし

完全成果報酬型なので、費用が発生するのは融資成功時のみです

公認会計士が対応

融資に特化した会計士が対応しています

手間なし

書類作成も、金融機関とのやりとりもKIKが代行します

全融資制度取扱い

日本政策金融公庫、民間銀行などが取扱うすべての融資制度に対応が可能です

まずは無料で相談する

創業融資サポートの詳細はこちら

050-1705-5776

おすすめの記事