創業融資は創業計画書の内容によって審査結果が大きく異なる面があり、明確な創業計画書をしっかりと作ることによって審査に通過しやすくなります。

しかし「審査に通過しやすい創業計画書の作り方がわからない」という人が大多数ではないでしょうか?

そのような人が円滑に創業融資を受ける方法として「税理士の支援を受ける」という手段があります。

税理士に創業融資のサポートを受けることによって融資の通過しやすくなりますが、税理士に相談することに関してはお金もかかりますし、税理士によって創業融資を得意としているところもあれば、苦手としているところもあります。

この記事では、創業融資に税理士へ相談するメリット・税理士の料金体型・創業融資に強い税理士の選び方やおすすめの税理士事務所の紹介まで行なっていきます。

創業融資のプロに相談し、より確実に創業融資を受けることができるようになりましょう。

税理士に依頼するメリットは?創業融資を円滑にできる3つのポイント

税理士に依頼するメリットは?創業融資を円滑にできる3つのポイント

創業融資を税理士に依頼することにはいくつもメリットがありますが、主なメリットとして以下の3つのメリットをあげることができます。

  • 創業融資が成功しやすい
  • 創業融資に必要な事業計画のサポートを受けられる
  • 融資以外の支援を受けられる

創業融資を税理士へ依頼することの3つのメリットについて詳しく解説していきます。

創業融資が成功しやすい

税理士や会計士などの専門家に創業融資の支援を依頼した方が創業融資が成功しやすくなるというメリットがあります。

創業融資の審査は通常の運転資金融資と異なり、過去の実績である決算書や確定申告書をベースに行われるわけではありません。

数字からでは判断することができない事業計画や経営者の人柄など、定性的な部分で評価されることが多いので、金融機関に数字では評価できない部分を高評価されることが重要になります。

税理士などの専門家は、これまで蓄積した経験から、どのようにすれば金融機関から評価を受けることができるのか、ということを熟知しているため、経営者単独で金融機関と交渉するよりも融資に成功する可能性は高くなります。

税理士事務所の中には「融資成功率100%」などと謳っているところも存在するので、税理士などの専門家に依頼することで創業融資を受けることができる可能性ははるかに高くなるでしょう。

創業融資に必要な事業計画のサポートを受けられる

創業融資で最も重要な審査材料が、事業計画書の内容です。

事業計画書とは

  • 何を販売するのか
  • 経費はどの程度かかり利益はどの程度を見込んでいるのか
  • その数字に根拠はあるのか
  • なぜ、創業に至ったのか
  • 長期的にはどのようになりたいのか

という創業後の具体的な計画を示したものです。

これらの計画を金融機関の審査担当者が確認し、「融資を実行しても問題ない」と判断されれば審査に通過することができる可能性が高くなります。

税理士などの専門家は金融機関から評価を受けやすい事業計画書の記載方法を熟知しています。

経営者個人で事業計画を立てるより融資に成功しやすい事業計画書を作成することができるので、税理士に依頼した方がやはり融資の成功確率は高くなりますし、創業後の具体的な数値目標も明確になるでしょう。

融資以外の支援を受けられる

税理士に創業融資の支援を依頼するメリットは創業融資の手続きだけに留まりません。

融資以外にも、税務署や自治体役場やなどへの様々な届出や経理全般のことなどについて相談することができます。

また、融資以外の資金調達方法である助成金や補助金についての相談も税理士の得意分野です。

創業融資以外にもお金や会社に関わる法律の様々なことについて相談することができるのが、税理士へ相談する大きなメリットの1つだと言えるでしょう。

税理士の融資支援はいくら必要?創業融資支援の税理士相場を解説

税理士の融資支援はいくら必要?創業融資支援の税理士相場を解説

税理士へ創業融資の支援を依頼することにはお金がかかります。

創業融資支援を受けるための税理士報酬の相場は、税理士事務所によって異なりますし、成功報酬制としているところや、顧問契約にしているところもあります。

税理士へ創業融資支援を依頼した場合にはどの程度の費用がかかるのか、詳しく見ていきましょう。

税理士の報酬相場

税理士に創業融資を依頼する場合には、基本的には「資金調達額の〇〇%」と決まっていることが一般的です。

割合は税理士によって異なりますが、2%~4%程度が相場だと考えておけばよいでしょう。

5%よりも報酬が高い場合には他の税理士を探した方がよいかもしれません。

例えば500万円の創業融資を税理士へ依頼した場合には10万円〜20万円程度が税理士へ支払う報酬として発生すると理解しておきましょう。

着手金ありか成功報酬か

また、税理士の中には着手金を設定している税理士もいれば、着手金なしで成功報酬のみとしている税理士も存在します。

着手金ありの場合には、融資に成功しても失敗しても固定料金として税理士への支払義務が生じます

一方、成功報酬のみの税理士の場合には、資金調達額の2%〜4%程度の料金が発生するものの、審査に落ちた場合には料金は発生しません。

固定の経費として支払いを安定させたい場合には着手金ありを選択し、失敗した場合にはお金を支払いたくないという場合には着手金なしを選択するとよいでしょう。

税理士顧問契約の有無で報酬は変わる

また、税理士と顧問契約を締結しているかどうかによって、税理士へ支払う料金は異なります。

顧問契約を締結する場合には、成功報酬で2%程度が相場ですが、顧問契約を締結せずに創業融資のサポートだけを依頼する場合には4%程度の成功報酬が必要になってしまいます。

顧問契約があった方が税理士報酬が安くなるので「決算は税理士に任せたい」という人は、今後も長期間付き合って行くことができる税理士に創業融資のサポートも依頼した方がよいでしょう。

また、税理士の中には顧問契約を締結することによって、無料で創業融資のサポートをしてくれる良心的な事務所も存在します。

どこに申し込みをすべき?創業融資に強い3つの税理士事務所

どこに申し込みをすべき?創業融資に強い3つの税理士事務所

創業融資に強い税理士事務所としては以下の3つの税理士事務所が有名です。

  • ハートランド税理士事務所
  • 税理士法人JNEXT
  • プレライズ会計事務所

それぞれの税理士事務所の特徴について詳しく解説していきます。

ハートランド税理士事務所

ハートランド税理士事務所は「融資成功率100%」「資金調達総額20億円超」を謳っている税理士事務所です。

電話・メール・LINE・チャットワークなどから24時間問い合わせることができます。

さらに、金融機関との面談はハートランド税理士事務所で1回のみで完結するので、忙しい経営者の方でも安心して利用することができます。

完全成功報酬ですので、もしも融資を断られた場合にはお金がかからないので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょう?

税理士法人JNEXT

こちらも創業融資に強い税理士事務所として有名な事務所です。

やはり「融資成功率100%」を謳っており、資金調達総額は15億円と公表しています。

税理士法人JNEXTの特徴は「創業融資を成功させるための30分間無料事前審査」を行っているという点です。

逆に言えば、ここで「成功しない」と判断されてしまうとその先のプロセスに進むことができないので、「融資成功率100%」となっているのでしょう。

事前審査に通過することができれば、高い確率で資金調達することができるということですので、資金繰りの計画を立てやすくなるでしょう。

報酬は完全成功報酬制で、2.5%程度が一般的なようです。

プレライズ会計事務所

プレライズ会計事務所は税理士と会計士の資格を持つ人が代表者と務めている会社です。

創業融資だけでなく、経営改善や補助金獲得などにも大きな強みを持っています。

創業融資に関してはスポットで対応も行なっており、顧問契約を締結することによって成功報酬制での対応も行なってくれます。

マネーフォワードとfreeeの認定アドバイザーでもあるので、信用力は抜群です。

創業融資のみならず、税理士を探しているのであれば検討すべき税理士事務所の1つであることは間違いないでしょう。

税理士の選び方は?創業融資を相談する際の3つの注意点

税理士の選び方は?創業融資を相談する際の3つの注意点

創業融資に強い税理士事務所の選び方のポイントとしては以下の3つの点が重要になります。

  • 創業融資の経験
  • 明確な料金設定
  • 認定支援機関の許認可

創業融資に強い税理士事務所の選び方の3つのポイントについて最後に詳しく解説します。

創業融資の経験

税理士を選択するにあたっては、創業融資の経験をしっかりと持っているかどうかという点は非常に重要です。

創業融資は、創業計画書の策定や金融機関との交渉など、知識だけでなく経験によって「金融機関からの信用を獲得することができる」というノウハウを持っていることが非常に重要になります。

ただ税理士資格を持っている人が創業計画書を策定すれば審査に通過することができるというわけではありません。

そのため、ホームページなどから「過去にどのような創業融資の案件を取り扱ってきたのか」ということをしっかりとチェックし、創業融資の資金調達経験が豊富な税理士へ依頼するようにしてください。

経理や決算事務しか取り扱い実績のない税理士に依頼しても、必ずしも創業融資が成功するわけではないので、必ず当該税理士の創業融資に対する経験値で判断するようにしてください。

明確な料金設定

料金設定が明確であることも重要です。

  • 着手金があるのかないのか
  • 成功報酬の場合には資金調達額の何%なのか

ということを事前にチェックし、相場と比較して料金が高すぎないかということを確認するようにしてください。

税理士に創業融資を依頼した場合の報酬は法律などによって決められているわけではないので、税理士の中には相場よりも非常に高い料金を請求する人や、後から料金を上乗せしてくるような悪徳税理士も存在する可能性があります。

「国家資格を持っている税理士だから安心」とタカをくくるのではなく、事前に料金体系を明確にしている安心できる税理士と契約するようにしてください。

認定支援機関の許認可

創業融資の支援を依頼する税理士が国の認定支援機関の許認可を得ているかどうかということも重要なポイントの1つです。

認定支援機関とは、金融機関や税理士や会計士や弁護士などの中で、国が「中小企業支援に対して専門的な知識と経験を有した専門家」と認めた機関のことです。

認定支援機関の許認可を取得している専門家は創業融資に対しても高い専門性と実績を有していると国が証明していることと同じですので、基本的には創業融資の相談をしても安心であると言えるでしょう。

「どの税理士へ相談していいか分からない」という場合には、認定支援機関の資格を取得している税理士から探すという方法も有効です。

認定支援機関は中小企業庁のホームページから簡単に探すことができるので、近くに認定支援機関がないか、まずは確認してみましょう。

参考:中小企業庁|経営革新等支援機関認定一覧について

創業融資のコンサルKIKもおすすめ

直接税理士事務所へ相談に行くことは多くの人が抵抗があるものです。

このような場合には、創業融資のコンサルの株式会社KIKに相談するのもおすすめです。

KIKには税理士や公認会計士などの多数の専門家が在籍しており、WEBから簡単に無料相談を受けることができます。

日本政策金融公庫・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行などの大手金融機関からの創業融資を取り扱っていますので、「どこに相談していいか分からない」という場合には株式会社KIKに相談することも検討しましょう。
まずは無料で相談する 創業融資サポートの詳細はこちら

まとめ

税理士へ創業融資の相談をするメリットとしては以下の3点があります。

  • 創業融資が成功しやすい
  • 創業融資に必要な事業計画のサポートを受けられる
  • 融資以外の支援を受けられる

自分で直接金融機関とやりとりするよりも、税理士へ相談した方が成功確率ははるかに高くなるでしょう。

ただし、全ての税理士が創業融資を得意としているわけではないので、以下のポイントで相談する税理士を選ぶようにしてください。

  • 創業融資の経験
  • 明確な料金設定
  • 認定支援機関の許認可

また、「税理士事務所へ直接相談に行くことには抵抗がある」という人は、株式会社KIKのような創業融資コンサルへ相談するのもよいでしょう。

1社あたり平均融資金額1,000万円以上
年間対応件数600社以上
審査通過率99%の豊富な実績
KIKが創業期の融資をサポート

着手金なし

完全成果報酬型なので、費用が発生するのは融資成功時のみです

公認会計士が対応

融資に特化した会計士が対応しています

手間なし

書類作成も、金融機関とのやりとりもKIKが代行します

全融資制度取扱い

日本政策金融公庫、民間銀行などが取扱うすべての融資制度に対応が可能です

まずは無料で相談する

創業融資サポートの詳細はこちら

050-1705-5776

おすすめの記事